【プラハ】個人的にはデザートがイチオシ!日替わりランチも楽しめるDESERTERIE

メトロのNáměstí Míruと私が通っていたニューヨーク大学プラハのすぐそばで、よくお店の前を通っていたのですが、お店の中の様子が外から見えづらく、ちょっと派手なエントランスに、どんなお店なのだろうと思いながらも、なんとなく行けず仕舞いでいたカフェ、DESERTERIE。友達が食後のデザートを食べる際に提案してくれたこともあり(その時はすでに閉店時間を過ぎていて行けず)、甘い物好きな私はずっと行く機会をうかがっていました。

そしてようやくチャンス(?)が訪れたので、ランチの時間に行ってみることに。

入ってみると、中は意外と広く、地元の人々がちょっとお茶をしにくるような、割とアットホームな雰囲気。私がプラハで好きだったのは、この、入ってみたら意外と広い空間が広がっている建物のつくり。入口の規模で、小さいお店なのかなと思って中に入ってみると、奥行きがあり、さらには中庭があったり、地下があったりと、外観のイメージ以上に広がっている空間に遭遇するのが、チェコでカフェに行くときの密かな楽しみでした。

カウンター横のボードにはランチメニュー。この日は、ローストポークとロースト野菜のハーブ添え、129CZK(約689円)。メニューはチェコ語だったので、お店のご主人が丁寧に英語で説明してくれました。他のメニューもチェコ語バージョンしかないとのことで、「英語のメニュー用意しないとなと思ってるんだよね~」とご主人が言っていたので、もしかしたら今は英語のメニューもあるかもしれません。

他にもショーケースの中に、サンドイッチやクロワッサンなどもあるで、軽めの食事を取ることもできます。私はお腹が空いていたので、ランチメニューを注文することにしました。

出てきたときは、量的にはそんなに多くないかも?と思ったのですが、お肉の下に敷かれた野菜(特に根菜)の量が意外とあって、最終的にはデザート分のスペースを胃に残せるちょうどいいボリューム。デザートはレジカウンター横のショーケースの中から、いちごのフロマージュをチョイスしました。これがおいしかった!

さらにデザートに加えてお茶も注文。お茶はいろいろな種類があり、中には鹿児島の番茶まで。

注文すると、砂時計もついた、ちょっと豪華なティーセットが出てきました。

そして、テイクアウトもできるとのことで、ケーキを一つ持ち帰り。

持ち帰ったのはこの写真の右側のチョコレートベースのケーキなのですが、これがまたおいしかった!しかも29CZK(約154円)と良心価格。あまりにおいしかったので、別の日にこのカフェ近くに足を運ぶ機会があった際、立ち寄ってテイクアウトしました。

ランチは日替わりで、その日のメニューはカフェのホームページでチェックできます。11時まで朝食メニューもやっているようです。(リンク先のウェブサイトはチェコ語なので、Google Chrome翻訳機能などを利用して見てみてください。)

チェコ語のメニューしかないように、客層は地元の人が多いのだと思いますが、お店のスタッフもランチメニューを説明してくれたご主人も、英語で気さくにコミュニケーションを取ってくれました。おいしいお気に入りのケーキを見つけられ、気になっていて行きそびれているお店があったらぜひ行ってみよう、という気持ちになったカフェでした。

DESERTERIEURL

(レートは20181月時点)

コメントを残す