おすすめ飲食店

【ブダペスト旅】ハンガリースイーツ“Krémes(クレーメシュ)” が絶品!Ruszwurm

ブダペスト滞在中に訪れたカフェ・レストランを紹介する記事2つ目は、日本のガイドブックにも載っている、有名なカフェRuszwurm。王宮の丘の、マーチャーシュ聖堂と漁夫の砦のすぐ側にあり、創業したのは1827年と200年近く続く老舗カフェ・洋菓子店です。

滞在していたさくらんぼで出会ったメンバーで、ここのカフェで有名な、“Krémes(クレーメシュ)が食べたい!ということで行ってきました。

柔らかい色のグリーンの壁が目印。

お店のシンボルマークは、ティーポットとティーセット。

入店すると、ケーキが飾ってあるショーケースがあり(写真奥)、お店の壁には、創業からの歴史を辿るものなのか、古い写真が飾られています。インテリアは、その長い歴史をあらわすようにクラシカル。(こちらでお店の様子をチェックできます。)

6人で訪れ、人気店なこともあって、もしかしたら入れないかもねと話していたのですが、幸運なことに空席あり!しかも奥のソファー席に通してもらいました。

ショーケースの中のケーキに目移りもしましたが、やはりここはKrémes(クレーメシュ)。ドリンクにはレモネードを注文しました。

出てきたのがこちら。

レモネードはプラハの記事でも書きましたが、ここブダペストでも、カフェやレストランにある飲み物として定番のよう。ここのカフェにはラベンダーフレーバーという変わったものもありましたが、私は柑橘系のものをチョイス。

そしてお待ちかね、本日の主役Krémes(クレーメシュ)!バニラカスタードクリームをパイではさんで、表面に粉砂糖をまぶしたケーキ。

さっそくいただきます!

おいしい!!!!海外のスイーツ甘過ぎ、のイメージを簡単に覆し、全く甘過ぎない!これは日本人の味覚にも合う味です。さすが、リスト音楽院に通う日本からの留学生が、帰国前にもう一度食べたいケーキとしてあげるだけあります。

こんなクリームたっぷりで、これは絶対重いだろうと思い、爽やかなレモネードをチョイスしましたが、その助けも借りることなくペロリ。逆にもう一つ注文してしまいそうなくらいの勢いでした。

王宮の丘という最高なロケーションもあって、満席の可能性も高い人気カフェですが、これはぜひブダペストを訪れる人にオススメしたいスイーツです。

[aside type=”boader”]
RuszwurmURL

[/aside]

ABOUT ME
Tomomi
1988年九州生まれ、九州育ち。 就職を機に足を踏み入れた東京砂漠から脱出、渡チェコ。 縁あって現在オランダ在住。
関連記事
error: Content is protected !!