ハンガリー

【自己紹介】トモ

初めまして!トモと言います。

この度【ハンガリー留学】無料サポートに応募させて頂きました!

あわせて読みたい
【ハンガリー留学】実質無料で大学探しから合格までを手伝います!ハンガリー留学に関して、「人に不正確な大学情報を伝えられた」、「ブロガーに騙された」との報告が入り始めたこともあり、ヨーロッパ各地の大学...

簡単に自己紹介

(これは2017年の9月にタイへ観光しに行った時、タクシーの運転手さんに無理矢理連れていかれた水上マーケットのお土産屋さんで、仲良く操り人形で戯れる同じく観光目的で来たであろう中国人の少年と私です。)

出身:東京の下町

年齢:20歳(2018年7月現在)

職業:大学生

趣味:映画鑑賞 今年に入ってから200本くらい観ました。2018年日本公開の映画では個人的に『スリー・ビルボード』がベストです。

特技:高速一人じゃんけん

好きなおにぎりの具:いくら

好きなラーメンの味:味噌

英語に興味を持ったキッカケ

小学校の中学年頃から英会話の授業がありまして、その時のイギリス人の先生がめちゃくちゃ優しかったおかげで、英語でコミュニケーションを取る楽しさを知りました。もちろん知っている単語は少ないので、身振り手振りも交えて。こっちが必死になれば相手も必死に理解しようと頑張ってくれることに、幼いながら感動しました。

そして中学生になって本格的に英語の授業が始まると、どんどん英語が分かる楽しさに快感を覚え、英単語テストも文法の復習も力を入れて勉強していました。そして漠然と将来、英語をスラスラ話せるようになったら素敵だなぁと思うように・・・。

しかし、突然の暗黒時代

暗黒、というと少し大袈裟かもしれません(笑)。

実は中学1年生の夏休み明けから学校に行くことが出来なくなり、卒業するまでクラスに行くことはほとんどありませんでした。理由は持病の事だったり、周りと上手く馴染めない等々、当時の自分にとっては深刻な悩みが積み重なって、学校へ足が進まなくなってしまいました。

とにかく無気力で何も出来ないことがしばしばあったのですが、それでも映画を観たり、本を読んだり、画集を見たり、芸術に触れることで自分の鬱屈とした気持ちを晴らそうとしていました。

そんな時、洋画、洋書や印象派の画家に出会い、「英語、それ自体が持つニュアンスも含めて理解できるようになりたい!」「この絵が飾られている美術館に行ってみたい!」「海外に行きたい!」と夢を見るようになりました。それから中学2年生の冬の終わり頃から、少しずつですが、英語を始め、全ての教科の勉強を再開し始めました。

そして現在

高校時代はすっ飛ばしますが(笑)、軽音楽部に入り、気の合う友達も何人か出来、なかなか楽しい高校生活を送ることが出来ました。

(高校時代は軽音楽部に所属しておりギターを弾いていました。この時はELLEGAEDENの曲をコピーしました。)

 

今、私は大学に通って法律を専攻しています。

「法律」

本当は国際文化系の学部で英語や他の国の文化について学びたかったのですが、受験で落ちてしまい、滑り止めの法学部に進学することにしたのです。今は主に刑法について学んでいて、とても楽しい、楽しいのですが、やはり長年憧れ続けた「海外」がどうしても頭から離れない・・・。

高校の時からアルバイトをしていたので、僅かながらお金も溜まっており、時間的にも余裕がある「今」が留学するチャンスなのでは!?と一念発起。今年の春先から、英語を勉強しやすい環境が整っている国を探し始めました。(ちなみに留学のプランニングは一年前からやっておいた方がいいです。まず情報の収集、比較検討に時間がかかります。私はすぐに留学したかったので2ヶ月程でまとめましたが、とっっっても大変でした。)

なぜハンガリーなのか

第一にめちゃくちゃ安い!!!1年間の学費は日本の大学の半額程度ですし、物価も安い。ハンガリー以外にもフィンランド、デンマーク、ポーランドが候補に挙がっていましたが、ハンガリーの首都、「ブダペスト」、「ブダペストって・・・」

私の好きな映画『グランド・ブダペスト・ホテル』の「ブダペストじゃん!」とそこに感動を覚えました(笑)。

何より決め手は、

http://kuwayasu.com/study_in_english_hungary_reasons

この記事と出会ったこと。

こんなにハンガリーって良い条件が揃っているのか!と驚き、それからGood Friends Japanさんを利用してハンガリー留学をしている方々のブログを読んで、ハンガリーに魅せられました。

「私もハンガリーに留学したい!」そう思った時、ちょうどGood Friends Japanさんがハンガリー留学の無料サポートをして下さるという記事が出ているのを発見。これはもう応募するしかない!と、桑原さんと連絡を取るに至りました。

この記事を書くまで、桑原さんとは何回かメールでやり取りしていますが、対応がとても丁寧。ネットだけではハンガリーの詳しい留学情報を集めるのは不十分だったので、いくつか大手のエージェントにも話を伺ったりしましたが、彼らはメジャーな国ばかりと提携しているので、なかなか収穫は得られず。

心配事が募りに募った私でしたが、桑原さんと出会い、親身に相談に乗って下さるおかげで、一つずつ心配事が解消されていっています。この場を借りて、お礼を申し上げたいです。本当に有難うございます。

まだハンガリーのどこの大学に行くかは決まっていませんが、今は英語力を上げようとIELTSの勉強をしているところです。

これはTOEICのスコアですが、

ザ・平均といったところでしょうか・・・。(2017年12月時点)

ハンガリー留学を経て、どのくらいスコアが上がるのか、今からとても楽しみです!

それでは長くなりましたが、この辺で自己紹介を終えようと思います。

読んで頂き有難うございました!

関連記事
error: Content is protected !!