【ポーランド留学】実質無料で大学探しから合格までを手伝います!

2018年秋入学より、ヨーロッパ各地の大学を訪問しているGood Friends Japan(以下、当社)、ポーランド人の調査員、ポーランドの留学会社勤務の協力者が集まり、ポーランド大学留学を実質無料でサポートすることになりました。

現地で責任ある立場の大学スタッフとミーティングを重ね、大学ポータルサイト(大学が料金を払って広告のために大学を記載させてもらう仕組み)には載っていない選択肢もデータ化してあります。アジア(マレーシア、台湾、中国、韓国)の4つの協力会社とポーランドの大学の合否データ(成績の数字、英語力など)の数字をシェアしながら合格ラインの目安を把握している日本で唯一の会社で、英語でのポーランド留学に関しては、日本では当社が最もお役に立てるかと思います。

その他にも、

「ワルシャワ(ポーランド)、ブダペスト(ハンガリー)、プラハ(チェコ)の3都市限定」

「ワルシャワでの一学期・一年の期間限定」

の無料留学サポートなどがあります。ポーランドの場合、学位を取らない留学の無料サポートも可能です。詳細はお問い合わせ下さい。

WRITER

やす(サイト管理人)

*実質無料サポートに関するコンタクトは、ツイッターインスタグラムからお願いします。

*実際に会った人からの個人的な会話は、こちらからお願いします。

サポートの仕組み

出願者の希望に応じて、当社のデータベースからベストと思われるポーランド国内の選択肢を提示し、大学探しから入学許可証入手までを手助けします。

利用するには30,000円のデポジットを支払う必要がありますが、写真とニックネーム入りの自己紹介1本+留学体験レポート10本(動画にする場合は6本)を提出することで、デポジット30,000円は全額返金されます。

体験談は、Good Friends Japan留学生体験談サイトに掲載されます。

「ワルシャワ市内の大学限定」であれば、デポジット、レポート・動画の数を半分にすることもできます。

最終的に全額が戻ってくるので、利用する料金は実質無料です。

体験レポートを書く際の注意事項等は、こちらになります。

利用する条件

  • ポーランドで学士号・修士号を取る予定であること(英語コースは応相談)
  • 顔写真を出すことができること(顔出しが無理な時は応相談。柔軟に対応します。名前はニックネームで大丈夫です)
  • 適当なやっつけレポートを書かないこと
  • 当社の指定されたページ(いくつかの選択肢を提示します)をSNSにRetweet、Repostすること
  • アクティブなSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなど)のアカウントを持っていること(ない人は応相談)

    参考:社会貢献ができる語学留学

利用者が行うこと

  • デポジットを支払う
  • 自己紹介を書く
  • 留学体験記を書く

デポジットが全額返金

当社が行うこと

  • ポーランド(もしくは、ワルシャワ市内限定)で留学できそうな大学をリスト化して提示する
  • 出願から入学許可証入手までを手助けする
  • レポート確認後、デポジットを返金する


利用するメリット

  • レポートを書くだけで、大学探しから合格するまでの手助けが全て実質無料
  • 自分の成績、英語力に合った、最善の選択肢にチャレンジできる
  • 英語力がIELTS5.5程度あれば、確実に留学先を提示できる
  • 一定の条件を満たせば、当社の食事会・交流会に無料で招待される(飲食費は全て当社持ち)

必要になる情報

  • 希望する専攻(*注1)
  • 最終学歴の成績のおおまかな平均値(*注2)
  • 留学開始時期
  • 現在の英語力(TOEFL、IELTS、TOEICなど)

*注1:基本的には、社会科学、人文科学、自然科学のメジャーな専攻のみです。
*注2:数学、国語は別で平均を出して下さい。

以上を考慮して、選択肢の提案をします。

あわせて読みたい
評価の高い語学学校に留学して、社会的に困難な環境で育つ子供の教育基金を積み立てる評価の高い語学学校に留学して、社会的に困難な環境で育つ子供の教育基金を積み立てる...

よくある質問

いつからサポート開始になりますか?

デポジットを支払い、自己紹介がウェブサイトに公開された日からです。

いつまで手助けしてもらえますか?

出願した大学の合否通知を全て確認した上で、少なくとも一つの大学から入学許可が下りるまでです。最終手段として安全校を含めるので、IELTS・TOEFLの点数があれば、進学先がなくなる、ということは起こりません。

合格した後、留学先の住居はどうすればいいですか?

大学のハウジングオフィスを紹介します。大学のオフィスや提携不動産会社が住居探しを手伝ってくれます。

合格した後、ビザはどうすればいいですか?

日本にある大使館は日本語が通じるので、直接、留学先の大使館に連絡を取って下さい。最も正確で最新の情報を持っているのは大使館です。必ずご自身で大使館にビザ申請のプロセスを確認して下さい。

Good Friends Japanの食事会に参加資格ありますか?

はい。学生サイトへの体験談寄稿者は、他の学生に不当に迷惑をかける恐れがない限り、全員大歓迎です。

ブログじゃなくて動画でもいいですか?

大歓迎です。動画の場合は、「6分以上のものを6本」という条件で、アップロード先は当社の動画サイトのアカウントになります。あとの条件は、ブログと同じです。

動画の場合は、こちらで新たにガイドラインを作ります。

ブログも動画も作った経験がないのですが、応募できますか?

経験は問いません。このサイトに素晴らしいエントリーを書いている学生たちも、以前に経験のない人がほとんどです。

11本以上書いたらダメですか?

「11本以上をサイトに書きたい」という人は、当社のレポート奨学生制度に応募して下さい。レポート10本でデポジットを全額返金した後は、それ以降に提出されるレポート一本ごとに奨学金を出すことができます。

レポートは、どんなふうに書いたらいいですか?

ざっくりとした指示をまとめました。こちらを参考にして下さい。

申し込み等は以下のインスタグラムツイッターからお願いします。リプライには実名は必要ありませんが、DMの場合は必ずフルネームとEメールアドレスの記載をお願いします。数が多いこともあり、全てのDMに回答することはしないので、ご注意ください。

また、作成したばかりの捨て垢には返事を行なっていないので、必ずアクティブなアカウントから連絡をお願いします。

ちなみに、鍵垢の人のリプライは全く見ることができず、非アクティブなアカウント(新しいアカウントなど)の人のリプライは通知が来ません。リプライでの問い合わせには返事をしているので、「リプライしたのに返事がない」というのは、おそらくこのケースです。

error: Content is protected !!