【英国留学】大学・大学院の条件付き入学許可証を入学前に取得できるファウンデーションコース(イギリス、アイルランド、スコットランド編)

こちらはロンドン以外の英国の大学・大学院公式準備(ファウンデーション)コースです。ロンドン、オランダ、スウェーデンへ学部・大学院留学を希望する方は、以下を参考にして下さい。

ロンドンの準備コース
オランダ・スウェーデンの準備コース

大学・大学院進学の準備コースとは

このページに掲載される「準備コース(ファウンデーションコース)」とは、大学が公式に運営、もしくは認可している準備コースのことです。日本や他国に存在する、大学から正式に認可を受けていない非公式の「準備コース」は、ここでは除外して考えます。「大学進学準備コース」の内実はコースによって異なり、大学公式の準備コースを考えている人は、希望するコースが大学が公式に設けているものかどうか、必ず確認して下さい。

大学公式準備コース(以下、準備コース)には、大きく分けて以下の2種類があります。

  1. 準備コース受け入れ時に、大学の条件付き入学許可証がもらえるもの
  2. 準備コース受け入れ時に、大学の条件付き入学許可証がもらえないもの

英国の大学には、日本の高校卒業資格のみでは入学ができません。入学には、日本の高校卒業資格に加え、日本の大学入試に相当するプラスα(SAT、Aレベル試験、国際バカロレアなど)が必要とされます。

準備コースは、このプラスα部分に相当する、大学入学に必要な知識を身につけるコースです。日本の高校卒業を卒業した人が、英国の大学に入学する際には、多くの留学生が準備コースに通っています。

このページで紹介するものは、①の「大学の条件付き入学許可証がもらえるもの」です。準備コース受け入れの際に、次年度に留学する大学から条件付き入学許可証がもらえます。

Good Friends Japanからのお願い

弊社Good Friends Japanは準備コース公式運営のパートナー会社で、日本語補佐役を担っています。弊社の準備コース入学者全員には、出願から入学まで無料出願サポート、入学祝い金、ヨーロッパ、日本でGood Friends Japan交流会への無料招待などの特典を用意しています。

また、弊社は社会的に困難な環境で生きる若者の留学を特別な形でサポートしており、弊社の準備コース入学者が一人出るたびに、不利な環境に置かれた若者のための留学基金1万円を積み立てています。入学者の負担は一切なく、入学者一人一人が社会に貢献できる仕組みです。準備コース入学予定者は、この仕組みにぜひご協力いただければ幸いです。感謝の印として、希望者のSNS・ブログやお名前・ニックネームを、この留学体験談サイトにリンクさせていただきます。

準備コースを勧める理由は、大きく分けて2つあります。

1)早めに進路を決められて安心できる

このページに掲載されている準備コースでは、準備コースの受け入れの際に、準備コースを修了したあとに進学する大学の条件付き入学許可証がもらえます。「準備コースを規定以上の成績で修了する」という条件のもと、準備コースを始める前に、次年度に留学を希望する大学から「条件付き入学許可証」を受け取ることができます。

希望する大学の条件付き入学許可証を大学入学の一年前には受け取れるため、早めに次の年の進路を決めやすく、過度に将来の進路を不安視する必要はなくなります。準備コースさえ始めれば、あとはしっかり勉強に集中して、無事に好成績でコースを修了させるのみです。

2)高校の成績以上の大学を狙いやすい

難関大学を狙うのには厳しい高校・大学の英語力と成績でも、準備コースであれば入学できる可能性があります。

<英語力に関して>

進学予定の大学によって異なりますが、準備コースに入学するための英語力は、学士課程の準備コースでIELTS4.5-5.5程度、修士課程の準備コースで5.0-6.0程度です。日本で教育を受けている人でも、十分に手が届くできる点数です。

<成績に関して>

また、大学・大学院に直接入学するよりも、要求される高校・大学の成績の平均は高くありません。一定条件を満たせば、高校・大学の成績の総合が平均に満たなくても、英国の主要大学の学士・修士課程の準備コースに入学することも可能です。

「準備コースに通って英語力と知識を身につける」という条件つきのため、直接の大学・大学院進学よりも、仮入学許可のハードルは低くなっています。高校・大学在籍時の成績が進学の基準に届かなくても、準備コースで一定以上の成績を取ることで挽回できます。

条件付き入学許可証を取れる大学・専攻

ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン(アイルランド国立大学)

特色

  • アイルランドの国立大学のカレッジの一つ
  • 世界トップ200(QS World University Rankings 2019)
  • アイルランドで最も国際的な大学
  • ビジネス専攻が特に有名

学士・修士課程の専攻の一部

環境、都市計画、動物、農業、ビジネス、経済、財務、工学、生命科学、IT・コンピューター、人文・社会科学など多数

詳細は、以下を参考にして下さい。準備コースを好成績で修了すれば、準備コース、および大学から奨学金が出ます。

Business, Economics and Social Sciences専攻
Engineering and Sciences専攻

アバディーン大学大学(スコットランド)

特色

  • 世界の大学ベスト160(The Times Higher Education World University Rankings 2019)
  • スコットランドのベスト大学賞(The Times and The Sunday Times Good University Guide 2019)
  • 英国で5番目に歴史ある大学
  • 130カ国以上から14,000人以上の留学生が在籍する国際的な環境

学士・修士課程の専攻の一部

ゲーム・コンピューティング、デザイン、アート、心理、メディア、ジャーナリズム、IT・コンピューター、ビジネス、経済、財務、工学、生命科学、人文・社会科学など多数

詳細は、こちらを参考にして下さい。準備コースを好成績で修了すれば、大学から奨学金が出ます。

ダラム大学(イギリス)

特色

  • 世界トップ100(QS World University Rankings 2020)
  • 英国トップ7(The Times and The Sunday Times Good University Guide 2019)
  • 90%の専攻が英国トップ10(Complete University Guide 2020)
  • 優秀な研究大学で構成されるラッセルグループの加盟大学

学士・修士課程の専攻の一部

環境、考古学、動物、農業、ビジネス、経済、財務、工学、生命科学、IT・コンピューター、人文・社会科学など多数

詳細は、以下を参考にして下さい。

Business, Economics, Accounting and Finance専攻
Science and Engineering専攻
Humanities, Law and Social Science専攻

シェフィールド大学(イギリス)

リーズ大学(イギリス)

サセックス大学(イギリス)

サレー大学(イギリス)

ストラスクライド大学(イギリス)

リンカーン大学(イギリス)

レスター大学(イギリス)

ハダースフィールド大学(イギリス)

ベラビーズ・カレッジ(イギリス)

キール大学(イギリス)

ランカスター大学(イギリス)

リーズ・ベケット大学(イギリス)

リヴァプール・ジョン・ムーア大学(イギリス)

準備コース公式スタッフから無料出願サポート

準備コース出願は、非常に簡単です。出願フォームに必要事項を記入し、出願に必要な書類を集めて、準備コースの公式運営に送付するだけです。面接、エッセイなども必要ありません。

準備コース運営公式スタッフのサポートがつくため、出願から大学の条件付き入学許可証の受け取りまで安心して終わらせることができます。弊社は大学準備コース運営の公式パートナー会社となっており、マネージャー、東アジア担当者の日本語補佐としての役割を務めています。

準備コースに入学すれば、次年度の大学・大学院入学の手続きは、毎年同じ大学の出願を数多く扱っている準備コースの公式スタッフがサポートしてくれます。準備コース進学から大学・大学院入学まで一連の流れに、経験豊富な公式準備コース運営の直々のサポートがつきます。大学・大学院入学まで心配はいりません。

タイプミスがあると、こちらの返信が届けることができません。ezweb, docomo, softbankなどのキャリアメールの方は、「info@goodfriends.jp」からのメールを受信できるように設定しておいて下さい。
留学希望時期、成績、IELTS/TOEFL、現在の状況など、詳細が記されているものには、よりお役に立てる回答を行いやすいです。