ハンガリー

私の大学ELTEとブダペスト生活について公開します!

こんにちは〜。今回はブダペスト生活が早4ヶ月目に入ったということで、ここでの大学生活を紹介していきたいと思います。

まずは私の通っている大学ELTEについて。

Eötvös Loránd TudományegyetemELTE

時間割はこんな感じです。


月曜日 休み

火曜日
10:00〜 Introduction to Sociology 1
14:00〜 Hungary in Central Europe

水曜日
8:00〜 The History of European Integration
14:00〜 Introduction to Law
16:00〜 Contemporary Challenges for the Hungarian Society

木曜日
12:00〜 Inequality, Justice and Energy


金曜日
8:00〜 Introduction to International Law


土曜日 休み


日曜日 休み

 

 


1つの授業は2時間の予定なのですが、だいたい1時間半で終わります。逆に1時間半で終わらないと生徒達がちょっとイライラしてきて怒ってます笑笑

ざっとこんな感じで1週間過ごしてます。授業は日本の大学より少ないです。サークルみたいなものもないです。強いて言うならスポーツのチームがあるそうですが、ほぼハンガリー人だったと思います。

アルバイトをしている人も日本ほど多くはいないです。そのかわり、各授業毎週、必須で読んでこなくてはいけない宿題が、半端ないです。日本で日本語の本を読むよりこっちにきて読む量のほうが圧倒的に多いです。高校のとき3ページくらいの英語の教科書を1週間くらいかけてみんなで理解していくのをやっていたことが、いまじゃ5分くらいしか与えられない。。。とほほ


主に授業の種類は二つ。講義とセミナーがあります。

講義は主に教授が話していますが、生徒が全く話さないわけではありません。特にドイツ人留学生は英語も流暢で積極的に発言します。時に教授が話題からそれたときとか、よくあることだとおもいますが、生徒が一言「教授、それテストでます?」。

うん絶対でないよね。けどね〜そこまで言っちゃう?ってたまに思います笑 気持ちにストレートなんですよね。ど直球で伝えてくるから、たまに苦笑い。そこが良いとこでもありますがね。

講義の成績はセメスターごとにミッドタームとエンドタームの2回テストがあります。テスト形態は選択問題もありますが、だいたいのテストがエッセイで回答する方式です。

セミナーはというと。。。いや〜たまたま私が取った授業なだけであってほしい。うん。生徒2人?????なんとまあ少人数制だこと。本当は4人なんです。そのうち2人にサボり癖がああ。本当にこのセミナー始まるときは息が詰まりますね。自分の考えをしっかりもった生徒とそのアイデアなどを知りたい教授。毎回予習に追われます。

教授の「ところで日本はどうなの?」という言葉に怯えてます。だって今まで生きてきた人生の中で1度も考えたことなかった質問なのだもの。でも学んでいるうちに考えることが楽しい事なのだとわかって、今ではこのセミナーが1番好きな授業です。なんだかんだ教授はとっても優しくて、私が理解するまでいろいろな方法で説明してくれるので、なんだか嬉しいです。

セミナーはプレゼンテーションやペーパーの提出で成績をつけます。

ヨーロッパの大学は卒業するのに必要なのは180単位くらいで、1セメスターで30単位くらいとって、合計6セメスターで3年間で卒業する人が多いそうです。多種多様ですが。日本に比べて単位が多いですが、1つの授業で2〜5単位くらいもらえます。

ちなみにここは大学の学食みたいな。ぜんっぜん英語通じません。だから欲しかったものと全く違うものが出てきて、しかもハンガリーにしては少々お高めの値段。

1番ひどかったのは、今日はベジタリアンな気分なときにサラダ頼んで、大量のフライドポテトとチキンが出てきたとき。いや〜もう盛られてしまったものを断れない。。。日本人発動。笑

それでもコーヒーは美味しいです。

週末の過ごし方、、

週末はというと実はサッカーが好きなものでして、ブダペストにある日本人医学生や他の大学生さんたちが集まってサッカーをしています。

だいたい土日のどっちかで3時間くらい身体動かしてます。開催場所は転々としていてメッセンジャーなどで知らされます。半年に一回大きな大会があるそうです。

チームも8チームくらいあったのかな。ハンガリーの都市、セゲドやデブレツェン、ペーチ、またチェコのブルノからのチームも参加しています。ちゃんとトロフィーやメダルなども用意されていて結構本格的です!

全然サッカーやったことないってゆう人からガチ勢まで幅広くいらっしゃいます。女子だっていますよ〜!参加者絶賛募集中です。

留学中身体動かす機会がなくてちょっと太ってきたあなた、ハンガリー料理に惚れてしまって脂肪を蓄えてしまったあなた、これからハンガリー留学する予定のそこのあなた、野球派だがなんじゃというあなた!週に一度楽しい仲間たちと一緒に良い汗流しませんか??愉快な仲間たちが待ってまーす!

はい。勧誘はここまでにして〜

続いてはデモ活動について

ジェンダー教育廃止反対!

先日、ハンガリーの大学でのジェンダー教育が廃止されることが決まったらしく(理由は不明)、それに反感をおぼえた人達が団結してデモをおこしました。

そのデモの結集会議みたいなのが私の通っている大学で行われたので、行ってみました。最初はなんかの学生団体かな〜とおもって中に入ってみたのですが、そこには大勢の教授たちも参加していてびっくり!学生だけじゃなくて教授たちも立ち上がって声をあげているのがすごいなぁと思いました。

そしてデモ当日は全授業をストライキして、代わりに全ての授業のトピックがジェンダーに関わるものになりました。勇ましい。

確かにジェンダー教育を専門としている教授は、ジェンダー教育廃止イコール職を失うことだからデモに参加するのはわかりますが、専門外の教授も参加していて、しっかり考えや信念を持っていて、それに背くものに対抗するのが勇ましく思えました。

参考:ハンガリー政府、大学のジェンダー研究科を廃止の方針!?

ハンガリー語で読めませんが、ジェンダー教育廃止反対みたいなことが書いてあると思います

 

結果的にジェンダー教育は廃止にならなかったそうです。なぜ廃止という意向になったのかがそもそも不明ですが。。。

週末は日本食レストランへ

はーいそして〜

ブダペストにある日本食屋さん、何軒かあるのですが今回はその中で私の最もおススメの一軒紹介したいと思います。

それはペスト側の4番、または6番トラムの駅Kiraly Utcaで降りて徒歩3分に構えるKomachi Bistro。現地在住の日本人なら必ず知っている定番レストラン。

連日お客さんが沢山いて予約を取っていなかったので、10分くらい待ってからようやく席に。店内は日本っぽい和の雰囲気で、海外にいながら日本にいる気分になれます。

写真のメニューは、小町のセットメニューの一つ。他にもメニューにはカレーライス、ラーメン、うどん、唐揚げ、餃子、アサヒビールなど、経営者が日本人であるため、味はすべて本格的です。また日本好きの現地人も通うお店です。カルピスだってありますよおおおお!

味は確かなのは分かりましたが、重要なのは価格ですよね、海外の日本食レストランってすごいお高いイメージがあるのですが、ここはコスパ最高です!こんだけたらふく食べても2000ftいきません。日本円で約800円くらいです。まさに学生の味方ですね。ハンガリー人が進めてくるくらいですから!マストバイならぬマストゴーです!

どんなにハンガリー料理が美味しくても、留学中に日本食が恋しくなる事ってあるでしょう!もしくは自炊では本格的な日本食が作れない、ちょっと健康的な食事したい、アジアン食材屋さんがちょっぴり高い!そんな時は、ぜひ小町ビストロに!

 

この辺りはパブやクラブもあって夜は特に賑わっていると思います。はしごの前に美味しくて安い日本食でお腹を満たしてみてはどうでしょうか。

以上ブダペストから〜お届けしました〜!

ではではまた今度!

 

ABOUT ME
アバター
Pao
2000年大家族に生まれる。ヨーロッパ大好き、元気な女の子。高校卒業後ハンガリーの大学に進学しました。毎日模索中。
関連記事
error: Content is protected !!