おすすめ観光地

中央ヨーロッパ3カ国のクリスマスマーケットを比較してみたら・・・

こんにちは!

今回はクリスマスシーズンにヨーロッパ三ヶ国、チェコ、オーストリア、ハンガリーのクリスマスマーケットに行ってまいりましたので、1つ1つ紹介していきたいと思います。

クリスマスマーケットといったらドイツ!。。。には今年は行けなかったので、来年訪れてみたいと思います。

まず初めにハンガリーの首都ブダペストで開催されたクリスマスマーケット

ブダペストのクリスマス

現在留学中の国ハンガリーでは、だいたいハロウィーンがおわって11月の中旬から街のいたるところにイルミネーションが飾られます。それがまた綺麗で、一つ一つのオブジェがでかいんです。

20年目を迎えたブダペスト・クリスマスマーケットは、11月の中旬からから1月の始めまで、ヴルシュマルティ広場(Vörösmarty tér)を中心に開催されました。世界遺産にも登録されているブダペスト地下鉄1号線の終始駅がある、ヴルシュマルティ広場。毎年ここで開催されるクリスマスマーケット、(Budapesti Adventi és Karácsonyi Vásár)は、ブダペスト市内でも最大規模を誇るそうです。

いろいろなメディアで「欧州で最も美しいクリスマス市」や「欧州でトップ10に入るクリスマスマーケット」などと評価されているクリスマスマーケットで、ブダペストは毎年30~40万人も観光客が訪れるそうです。

たくさんの木製屋台でハンガリー民芸品をはじめ手作りの製品を販売していて、かわいいチューリップの刺繍がたくさん見られます。

なんといっても1番目につくのは、アドベント感をかもし出す大きなクリスマスツリーが飾られている通り。人生で1番デカイクリスマスツリーを見たのがここでした笑


あと親子で楽しめる手作り体験できる施設もあり、小さいお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで、みんなが楽しめる様子でした。

ハンガリー人の友達いわく、子供たちを本物のサンタクロースが迎えるそうなのですが、残念ながら見ることはできませんでした。いやー普通に会いたかった。。。

ホットワイン、お肉のターキーやハム、ソーセージなどの屋台も充実していて、クリスマスならではのデザートもたくさんありました。

そしてブダペストの別の場所のモスクワ広場(Moszkva tér)やリスト広場(Liszt tér)、モーリツ・ジグモンド広場(Móricz Zsigmond kötér)でもクリスマスマーケットが開催されました。

毎年同じ場所で開催されているそうなので、是非訪れてみてください。

続いてはオーストリア、ウィーン!!

ウィーンのクリスマスマーケット

私が地味に1番楽しみにしていたクリスマスマーケット、高校の時にドイツ語の先生がオーストリア出身ということで写真を見せてもらったことがあり、ウキウキしていたものの、他の留学生が思ったよりしょぼかったなんて言っていたので、期待しないで行きました。。。ですが行ってびっくり、素晴らしかったです。

ちなみにメリークリスマスは、ドイツ語でFrohe Weihnachten!!

オーストリアの首都ウィーンでは、毎年11月中旬からクリスマス前後にかけてクリスマスマーケットが開催されるそうです。

もっとも大規模で有名なのが、ウィーン市庁舎前広場のもの。入り口のイルミネーションが素晴らしい。ライトアップされていて、とても美しく毎年大変なにぎわいだそうです。クリスマスマーケットでは、クリスマス関連のグルメやインテリアグッズなど種々な商品が販売されていました。

また、クリスマスソングの生演奏や、クッキー製作といったイベントもやっていて、歩いているだけでもワクワクしちゃいます!

手袋しないでセルフィーやりまくってたら手が凍ります。。。そんなことも忘れてしまうくらい綺麗なので、写真を撮りたいってなりますけどね〜。そんなこともあるかとおもうので、片手にホットワイン持ちながら温まることをお勧めします。

市庁舎前に設置された約28メートルのクリスマスツリーには、約2,000個ものLEDライトが点灯され、インスタ映えスポットのクリスマスマーケットとしても知られているそうです。

レッツインスタ映え!!イエイ!

広場の側には、アイススケートリンクが期間限定で設置されていました。ロマンティック!!!クリスマスマーケット内で高い人気を誇るアトラクションのひとつで、こんなカワイイスノーマンもいますよおおお。♡

近くにはもともと小さいお子様用の遊園地がありました。場所はウィーン市庁舎前広場のクリスマスマーケットで最寄駅が地下鉄2番線(U2)Rathaus駅です。ウィーンにきたらここはマストです!

そして、市庁舎前広場のクリスマスマーケットとは別にエレガントな雰囲気を醸し出しているのが、シェーンブルン宮殿の前庭で開催されているクリスマスマーケット。

また、随時、クリスマスソングのコーラスやブラスバンドの生演奏があり、さすが音楽の都ウィーンならではです。

やっぱりお土産はホットワインのマグカップ!!

毎年違う柄のマグカップが売られているので、そのコレクターも多いです。ちなみにシェーンブルンのクリスマスマーケットで今年は購入しました。赤いマグカップ。可愛いいい♡ムーミンっっ笑

プラハのクリスマスマーケット

はい、そしてお次はプラハの旧市街のクリスマスマーケット!プラハのクリスマスマーケットはいろんなところで開催されていますが、最も盛大で有名なクリスマスマーケットはプラハ歴史地区の中心である旧市街広場。ティーン教会や市庁舎、宮殿などがある広場です。

クリスマスマーケットの期間だけ屋台やクリスマスオブジェ、ステージなどが設置されます。たくさんの人で賑わい、ステージでは聖歌隊による歌など様々なプログラムが行われるそうです。

音楽に合わせてクリスマスツリーのイルミネーションが光ったり消えたりするのをずーっと見ていられます。とにかく豪華です。

そしてびっくりしたのが、日本のNHKでもこのクリスマスマーケットの様子が放送されていたこと。

屋台ではチェコの可愛らしい雑貨からおおきなターキーまで、いろいろなものがうられていました。

こちらのクリスマスマーケットは小さいながらにクリスマスツリーが大きく、イルミネーションも綺麗。心なしか入り口のトナカイがポケモンのディアルガvsパルキアにしか見えない。。。めっちゃくだらない笑

ここまで三ヶ国のクリスマスマーケットを見てきましたが、それぞれの国でもかけている音楽や雰囲気が少し違うことがわかりました。あくまでも個人的な意見ですが、1番良かったのはウィーンの市庁舎前でした。ぜひクリスマスシーズンに行くことをオススメします!!

そして、どの国もカップルのイチャイチャが嫌でも目に入ってしまいます。見るのが嫌な方は是非恋人を作ってから行きましょう!笑

最後に、クリスマスマーケットめぐりの注意点です。

この時期はすごく寒いので温かい恰好をして行きましょう。また、今回紹介した三ヶ国は比較的治安は良いですが、混雑した場所ではスリなどにご注意ください。フランスやドイツのクリスマスマーケットは、銃乱射やテロなどの治安が心配で行けないという方も、中央ヨーロッパのクリスマスマーケットはその心配が減るし、クオリティーも劣らないので、ぜひ訪れてみてください。

ではまた〜!Sziasztok!

ABOUT ME
アバター
Pao
2000年大家族に生まれる。ヨーロッパ大好き、元気な女の子。高校卒業後ハンガリーの大学に進学しました。毎日模索中。